Manual:$wgUseInstantCommons

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgUseInstantCommons and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語
共有アップロード: $wgUseInstantCommons
インスタントコモンズを有効にする、つまり共有リポジトリとしてウィキメディアコモンズを使えるようにする
導入されたバージョン:1.16.0 (r58652)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:false
その他の設定: アルファベット順 | 機能順

使用法

インスタントコモンズを有効にするには、以下を LocalSettings.php に追加してください:

$wgUseInstantCommons = true;

詳細

この設定パラメータを true に設定するとインスタントコモンズが有効になります。これによりローカルにあるウィキの画像は自動的にウィキメディアコモンズへ置かれるようになります。

この設定により、$wgForeignFileRepos で行う以下の設定と同じ内容を短く書くことができます。

$wgForeignFileRepos[] = [
	'class' => 'ForeignAPIRepo',
	'name' => 'wikimediacommons',
	'apibase' => 'https://commons.wikimedia.org/w/api.php',
	'url' => 'https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons',
	'thumbUrl' => 'https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb',
	'hashLevels' => 2,
	'transformVia404' => true,
	'fetchDescription' => true,
	'descriptionCacheExpiry' => 43200,
	'apiThumbCacheExpiry' => 0,
];

注記

この設定を有効にしても、ローカルのウィキが動作しているサーバのディスク使用を避けることはできません。 MediaWiki 1.26までのバージョンでは、この設定を有効にするとキャッシュのため本当にローカルディスク上でサムネイルを作成していました。 ローカルウィキのあるページに埋め込まれたファイルがウィキメディアコモンズにある元ファイルの縦横サイズより大きいとき、ファイルは元のサイズでローカルディスクに置かれます。

MediaWiki 1.27より、$wgUseInstantCommons の既定設定は、元ファイルをダウンロードしてローカルでサムネイルを作るのではなく、コモンズの画像を利用するようになっています。 これによりサムネイルハンドラを使わなくても、ウィキはCPUと通信帯域の利用を抑えながらページの先頭バイトを取得するまでの時間を節約することができます。 調整については、構成パラメーター $wgForeignFileRepos の説明文書を参照してください。

関連項目