Manual:$wgShowExceptionDetails

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgShowExceptionDetails and the translation is 88% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎中文 • ‎日本語
デバッグ/ロギング: $wgShowExceptionDetails
true にすると、例外が捕捉されなかった場合に、完全なスタック トレースを出力する。
導入されたバージョン:1.8.1 (r16944)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:false
その他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細

true にすると、例外が捕捉されなかった場合に、完全なスタック トレースを出力します。 これはデバッグのみに使用すべきです。PHP のバックトレースの書式の都合上、関数のパラメーター部分に非公開の情報が晒される場合があるためです。

With the default false, users are shown only an error message "Fatal exception of type MWException" with an alphanumeric code that a person with access to the server logs can use to find the stack trace. この情報がないと、エラーの修正を手助けすることが不可能になります。