Manual:$wgRequest

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgRequest and the translation is 56% complete.
Other languages:
English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎čeština • ‎中文 • ‎日本語

概要

$wgRequest は、WebRequest クラスのインスタンスを含む、グローバルなシングルトンとして使用されます。 WebRequest クラスは、URL または POST フォームから渡されたデータの取得、"マジッククオート" スラッシュの除去処理、不正な文字の除去、Unicode 文字列の正規化処理をカプセル化します。 詳細については、WebRequest クラスの説明文書および Manual:WebRequest.php を参照してください。

このコードは、利用者が現在のページを (閲覧ではなく) 編集している場合に、追加的な関数コードを実行することなく処理を戻したい場合には、ブック関数内で役立ちます。

global $wgRequest;
if ( $wgRequest->getText( 'action' ) == 'edit'  ) {
	return true;
}

Deprecation

As with other globals, the use of $wgRequest should be avoided when alternative methods are available. For example, when writing a special page, use the getRequest() method provided by the SpecialPage class, e.g.:

$request = $this->getRequest();

Accessing

Hook functions

When you work with various hooks you can usually get the WebRequest object from the context, for example:

$output->getRequest(); // here $output is an object of OutputPage class
$article->getContext()->getRequest(); // getting WebRequest from the Article object
$editpage->getArticle()->getContext()->getRequest(); // getting WebRequest from the EditPage object

Special pages

In a special page context, one can use $this->getRequest().

API modules

In an API module context, one can use $this->getMain()->getRequest().

関連項目