Manual:$wgMessageCacheType

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgMessageCacheType and the translation is 62% complete.

Other languages:
English • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎日本語
メッセージのキャッシュ: $wgMessageCacheType
メッセージのキャッシュの設定
導入されたバージョン:1.5.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(CACHE 定数のいずれか (下記参照))
既定値:CACHE_ANYTHING
その他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細

メッセージのキャッシュの設定です。

Here are the available CACHE constants, as defined in Defines.php

  • CACHE_ANYTHING - Use anything, as long as it works
  • CACHE_NONE - キャッシュしません
  • CACHE_DB - キャッシュのオブジェクトを DB 内に格納します。
  • CACHE_MEMCACHED - memcached , must specify servers in $wgMemCachedServers
  • CACHE_ACCEL - APC, APCu, WinCache or XCache, whichever is available
  • CACHE_DBA (1.23 で除去済) - DBM スタイルのデータベースに格納するには PHP の DBA エクステンションを使用してください。

注記

If you set $wgMainCacheType then the values for $wgParserCacheType and $wgMessageCacheType will inherit it. You do not need to set those variables unless you plan on doing something very advanced.

関連項目