Manual:$wgLocalisationCacheConf

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgLocalisationCacheConf and the translation is 75% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎日本語
Message Cache: $wgLocalisationCacheConf
Localisation cache configuration.
導入されたバージョン: 1.16.0 (r52503)
除去されたバージョン: 使用中
可能な値: 配列
既定値: 下記参照
他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細

Localisation cache configuration. 以下のキーを持つ連想配列です:

  • class: 使用するクラスです。 拡張機能がオーバーライドする場合があります。
  • store: キャッシュ データを格納する場所です。

「files」「db」「detect」のいずれかです。

    • 「files」を設定すると、データは$wgCacheDirectoryManual:$wgCacheDirectoryで指定されたディレクトリのCDBファイルに格納されます。 これはデータベースにデータを格納するよりもはるかに高速です(議論参照)
    • 「db」を設定すると、データはデータベースに格納されます。
    • If set to "array", data will be in PHP files that store static arrays. This is an experimental option.
      This is the fastest option when using PHP-FPM and OPcache (without opcache.file_cache_only), because OPcache will store these arrays. In other configurations (HHVM or opcache.file_cache_only) this mode has no benefit over "files".
    • 「detect」を設定すると、$wgCacheDirectory を設定している場合はファイルが使用され、設定していない場合はデータベースが使用されます。
  • storeClass: The class name for the underlying storage. クラス名を設定すると、「store」の設定がオーバーライドされます。
  • storeDirectory: If the store class puts its data in files, this is the directory it will use. If this is false, $wgCacheDirectory will be used.
  • manualRecache: Web リクエストの際のキャッシュの更新を無効にするには、これに true を設定してください。 代わりに maintenance/rebuildLocalisationCache.phpManual:rebuildLocalisationCache.php を使用してください。


既定値

$wgLocalisationCacheConf = array(
	'class' => 'LocalisationCache',
	'store' => 'detect',
	'storeClass' => false,
	'storeDirectory' => false,
	'manualRecache' => false,
);

関連項目