Manual:$wgForceUIMsgAsContentMsg

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgForceUIMsgAsContentMsg and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎català • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎suomi • ‎македонски • ‎русский • ‎日本語
ローカライズ: $wgForceUIMsgAsContentMsg
本文メッセージとして扱うべき UI メッセージの配列。
導入されたバージョン:1.4.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:文字列の配列
既定値:array()
その他の設定: アルファベット順 | 機能順

システムメッセージのうち、本来、利用者のUI言語で表示するべきものの一覧。通常はサイトの内容の言語で表示されます。

詳細

wfMsg()[1] を使用してメッセージを翻訳する際、どれを UI メッセージと見なし、どれを本文メッセージと見なすべきかは、常に明確とは限りません。

例えば、en.wikipedia.org など通常のウィキペディア サイト群では「mainpage」 (メインページ) は2つ以上は作れません。従って「mainpage」はサイトのコンテンツとして扱い、リンク取得にはwfMsgForContent()[1] を呼び出し、リンク テキストのレンダリングには wfMsg() を呼び出します。 既定のコードはこのように動作します。 しかし、コモンズのような多言語サイトでは、言語ごとに異なる版の「mainpage」 (メインページ) を提供します。 この配列は、既定の挙動をオーバーライドする手段を提供します。 例えば、言語固有のメインページやコミュニティ ポータルを使用できるようにするには、以下のように設定します

$wgForceUIMsgAsContentMsg = array( 'mainpage', 'portal-url' );

注記

  1. 1.0 1.1 機能のうち'wfMsg()'と'wfMsgForContent()'は現状では非推奨です。replacement rules (変更のルール) を参照してください。