Manual:$wgDjvuToXML

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Manual:$wgDjvuToXML and the translation is 93% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil
DjVu: $wgDjvuToXML
djvutoxml 実行可能ファイルのパス。
導入されたバージョン: 1.8.0 (r16036)
除去されたバージョン: 使用中
可能な値: 文字列または null
既定値: null
他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細[edit]

djvutoxml 実行可能ファイルのパスです。

これは、$wgDjvuDumpManual:$wgDjvuDump のように動作しますが、それよりも動作が遥かに遅いです。(バージョン 3.5 時点)。 今のところ、代わりに djvudump を使用することをお勧めします。 djvuxml の出力はおそらくより安定しているため、動作効率の問題点が解決すれば djvuxml をお勧めできるでしょう。 [1]

DjVu ファイルのレンダリングを有効にするには、$wgDjvuRendererManual:$wgDjvuRenderer とこの変数の両方に値を設定してください。 代替として、$wgDjvuToXML の代わりに $wgDjvuDumpManual:$wgDjvuDump に設定することもできます。 ($wgDjvuDump$wgDjvuToXML の両方に値を設定した場合は、$wgDjvuDump のみが使用されます。)

[edit]

$wgDjvuToXML = 'djvutoxml';

関連項目[edit]