Manual:$wgDBTableOptions

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgDBTableOptions and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語
MySQLの固有設定: $wgDBTableOptions
インストールやアップグレードの時に使うMySQLテーブルのオプション。
導入されたバージョン:1.10.0 (r21466)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(文字列)
既定値:'ENGINE=InnoDB, DEFAULT CHARSET=binary'

詳細

インストールやアップグレードの時に使うMySQLテーブルのオプションです。インストーラによって生成された $wgDBTableOptions 値が LocalSettings.php に設定されます。以下に示すオプションのうちどれか一つを選択し、その指定値に応じた結果を得ることができます。

MySQL binary
ENGINE=InnoDB, DEFAULT CHARSET=binary
MySQL UTF-8
ENGINE=InnoDB, DEFAULT CHARSET=utf8
ここでどの値を指定したとしても、MediaWikiの内部では常にUTF-8のエンコードでデータを生成し、データベースに保存します。そのためコード変換は必要ありません。バイナリの文字コードを指定するとMySQLが文字コード変換を行うのを防ぐことができます。そうしないと、不必要なことが起きるかもしれないので、設定は既定値のままにしておくことをお勧めします。
「TYPE」のキーワードは廃止され、現行バージョンのMySQL(5.5以上)ではサポートされません。それでも「TYPE」キーワードを使うと "1064: You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near "TYPE=InnoDB""(あなたの指定したSQLには文法の誤りがあります; あなたが使っているMySQLサーバのバージョンに応じたマニュアルを確認し、「TYPE=InnoDB」の辺りの記述を正しい文法にそった記述に修正してください) のエラーが返るでしょう。これを解決するには「TYPE」ではなく「ENGINE」のキーワードを指定します。
MediaWiki バージョン: 1.18


MySQL 4のサポートは終了したため、以下の設定を現行バージョンで使うことはできなくなっています。

MySQL 4.0 backwards-compatible UTF-8
TYPE=InnoDB