Help:追跡用カテゴリ

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:Tracking categories and the translation is 92% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Lëtzebuergesch • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎עברית • ‎हिन्दी • ‎中文 • ‎日本語
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD

追跡用カテゴリは一定の特徴を持つページを追跡可能にするための、MediaWiki の機能の一種です。そのようなページをあるカテゴリに自動的に入れるというやり方で動作します。

MediaWiki 1.23以降、追跡カテゴリは $wgTrackingCategoriesManual:$wgTrackingCategories構成変数を使ってリストを作ってあり、Special:TrackingCategoriesで閲覧できます。MediaWiki 1.25 以降は MediaWiki が追加した追跡カテゴリを MediaWiki ソースコードにハードコードしてきました。 後方互換性のため、$wgTrackingCategoriesManual:$wgTrackingCategories は続行します。

当てはまるカテゴリの決定は追跡カテゴリのシステム メッセージつまり MediaWiki の名前空間が鍵です。メッセージがダーシ1文字の場合 (-) は追跡カテゴリは無効です。ウィキの管理者は管理上の指定であって一般公開用ではないそれらを「隠されたカテゴリ」とマークします (__HIDDENCAT__ マジックワードを使用)。サイトによってはパーサー機能を使って名前空間に基づくカテゴリ決定を変更するのですが、これが実際に有効になったのは 1.19 以降です。

既定のカテゴリ メッセージ カテゴリへの追加を起こすもの バージョン
Pages with too many expensive parser function calls expensive-parserfunction-category The page uses too many expensive parser functions (like #ifexist). See Manual:$wgExpensiveParserFunctionLimit. 1.13 / これより前のバージョンでは、構文解析関数の拡張機能は pfunc_max_ifexist_category を使用しました。
Pages containing omitted template arguments post-expand-template-argument-category The page is bigger than $wgMaxArticleSize after expanding a template argument (something in triple braces, like {{{Foo}}}). 1.13
Pages where template include size is exceeded post-expand-template-inclusion-category The page size is bigger than $wgMaxArticleSize after expanding all the templates, so some templates were not expanded. 1.13
Noindexed pages noindex-category The page is not indexed by robots because it has the magic word __NOINDEX__ on it and is in a namespace where that flag is allowed. 1.15
Indexed pages index-category The page has a __INDEX__ on it (and is in a namespace where that flag is allowed), and hence is indexed by robots where it normally wouldn't be. 1.15
Hidden categories hidden-category-category The category contains __HIDDENCAT__ in its page content, which prevents it from showing up in the category links box on pages by default. 1.13
Pages with broken file links broken-file-category The page contains a broken file link (a link to embed a file when the file does not exist).
不適切な画像のチェックリストに載ったためインラインで表示できない画像へのリンクはこれに含まれず (ハンドラーのサポート欠如の影響)、ファイルのページに直接リンクします (先頭にコロンすなわち Special:Wantedfiles を伴う)。1.19 以降、カテゴリを有効にした場合はSpecial:Wantedfilesからリンクします。
1.18
Pages with syntax highlighting errors syntaxhighlight-error-category There was an error when attempting to highlight code included on the page.
MediaWiki と同梱の SyntaxHighlight extension (シンタックス強調拡張機能) によって追加されました。
1.26

拡張機能が新たな追跡用カテゴリを追加することもできます (Parser::addTrackingCategory メソッドを使用します)。

ウィキによってはハックにより別種の追跡カテゴリを追加します。例えば #expr エラーのあるページを追跡するこのカテゴリの場合、対象となるページで該当するエラーを検出すると付け加えます。