Help:画像

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:Images and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎asturianu • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎slovenčina • ‎suomi • ‎čeština • ‎русский • ‎српски / srpski • ‎українська • ‎עברית • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎हिन्दी • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD

このページでは、ウィキを編集する際の画像の構文を説明します。 ページで画像を使用するには、通常、あなたまたは別の利用者が画像をアップロードする必要があります。

MediaWikiサーバーに保存された画像は、通常、File:名前空間接頭辞を使って(ただし、古いImage:名前空間接頭辞も、同様の役割を果たすものとしてサポートされています)、MediaWikiのページへのリンクターゲットとして表示されます。 変種、Media:名前空間接頭辞は、元のメディアファイルの中身を参照するのに使えます(そのファイルを別に表示またはダウンロードする、MediaWIki ページ以外のため)。

対応している画像のメディアの種類

既定では以下のファイル形式に対応しています:

Wikimediaで使われ、それ以外のどこでも一般的に有効な形式(これらはデフォルトで有効な分に加え、特別な設定が必要な場合があります)

他のメディアタイプもサポートできますが、インラインに表示できないかも知れません。

単純な画像の処理

構文

画像を表示するための完全な構文は以下の通りです:

[[File:filename.extension|options|caption]]

ただし オプション は、以下のいずれかを 0 個以上並べてパイプ記号 (|) で区切ったものです。

  • 書式オプション: border(余白)および/またはframeless(枠なし)、frame(枠あり)、thumb(サムネール、thumbnailも可);
    ページ内で画像を描写する書式と埋め込みの方式を決めます。
  • サイズ調整のオプション:以下のいずれか
    • {width}px — ピクセル単位で幅を上限に合わせる。高さは無調整。
    • x{height}px — ピクセル単位で高さを上限に合わせる。幅は無調整。
    • {width}x{height}px — ピクセル単位で幅と高さを上限に合わせる。
    • upright — 個人設定に合わせて妥当なサイズに収まるサイズに変更(幅よりも高さが大きい画像に最適)。
    画像はスケーラブルメディアタイプを例外として、常にアスペクト比を保持します。サイズは縮小限定(拡大は不可)である点に注意してください(ビットマップ画像は拡大縮小が不可)。
    既定の最大サイズはformat要素と内部の画像サイズ指定に依存(メディアの種類別に異なります)。
  • 水平位置オプション:leftrightcenternoneのいずれかひとつ。
    画像と文章の水平方向の位置関係(テキストの回り込みの有無)を決めます(既定値なし)。
  • 垂直位置オプションbaselinesubsupertoptext-topmiddlebottomのいずれかひとつ。
    同じブロック内の前後のテキストに対して、非浮動インライン画像の垂直方向の配置を決めます(既定の垂直方向の配置は middle)。
  • リンク オプション: 以下のいずれか
    • link={target} — 生成されたリンクのリンク先を (任意のページ名または URL に) 変更できるようにする。レンダリングされた画像上で使用できる。例: [[File:Example.jpg|20px|link=http://www.wikipedia.org]]Example.jpg (外部リンク) として、[[File:Example.jpg|20px|link=MediaWiki]]Example.jpg (内部リンク) としてレンダリングされる。
    • link= (値が空の場合) — (MediaWiki 1.14以降) リンクをつけない画像表示。例 [[File:Example.jpg|20px|link=]]Example.jpgとして処理。
      • ! MW 1.24以前の場合:|link=| (empty) に設定するとtitleは処理されません。(phabricator:T23454参照。)
  • その他の固有のオプション:
    • alt={alternative text} — (MediaWiki 1.14+以降) 特定の画像の代替テキストを指定(作成された<img />要素に対するHTML属性としてalt="..."を呼び出し)、指定した画像のダウンロードと埋め込みに失敗した場合や、サポートメディアが代替の説明文を使用する必要がある状況(点字リーダーの使用中もしくはユーザーがブラウザのアクセシビリティのオプションを設定)で表示します。
    • page={number} — 特定のページ番号を表示(現状では.djvuもしくは.pdf形式のファイルにのみ適用)。
    • class={html class} — (MediaWiki 1.20以降) クラスの指定(作成した<img />要素に対するHTML属性としてclass="..."を呼び出し)。
    • lang={language code} — (MediaWiki 1.22以降) SVGファイルに<switch>文を含む場合にシステム言語属性に依存してファイルを解析する言語を選択します。既定値は非英語のウィキ群でもつねに英語です。

属性に適合するものが全くない場合は、キャプションの文章と見なされます。 キャプションの文章とは、thumbおよびframeモードで画像の下部に表示され、その他の書式だとツールチップに表示されます。 thumbおよびframeモードで表示するキャプションの文章には、ウィキリンクその他の書式を含むことができます。 MediaWiki の拡張機能が追加的なオプションを追加する場合があります。

'alt'の規定が示されないままキャプションを付けると、代替文はキャプションから書式を削除して自動生成されます。例外としてthumbもしくはframeモードではスクリーンリーダーで読み取りが可能なため、この処理の対象から除外します。

書式

次の表は、使用可能な全ての効果を示しています。

サムネイルが横長ではなく縦長で表示サイズが大きすぎる場合、upright=Nを設定できます。「N」は画像の縦横比(幅÷高さ)で、既定値は0.75。 その代わりに、希望する画像の高さに上限(ピクセル単位)を指定することができます。

thumb={filename}を指定すると、サムネイルに別画像を利用できます。

サイズとフレーム

サイズ属性の効果は、書式が変わると下記のように異なることがあります。

  • サイズを指定しなかった場合の表示は、上記書式節を参照してください。
  • 書式が未指定、もしくはborder付きとだけ指定した場合、画像は任意の大きさに縮小も拡大もできます。
  • 下記のサンプル画像のサイズは本来、400 × 267 ピクセルです。
  • frame付きの画像は常にサイズ指定を無視し、ユーザーの個人設定で指定した最大サイズよりも大きい場合に元の大きさから縮小します。
  • thumbモードの画像は縮小はできても、画像の元のサイズよりも拡大することはできません。
書式 縮小 拡大
(未指定)
[[File:Example.jpg|50px]]

Example.jpg

[[File:Example.jpg|200px]]

Example.jpg


border
[[File:Example.jpg|border|50px]]

Example.jpg

[[File:Example.jpg|border|200px]]

Example.jpg


frame
[[File:Example.jpg|frame|50px]]
Example.jpg
[[File:Example.jpg|frame|200px]]
Example.jpg


thumb
[[File:Example.jpg|thumb|50px]]
Example.jpg
[[File:Example.jpg|thumb|200px]]
Example.jpg


frameless
[[File:Example.jpg|frameless|50px]]

Example.jpg

[[File:Example.jpg|frameless|200px]]

Example.jpg

水平位置

frameあるいはthumb[nail]書式を使う場合、既定の水平位置はright(右)です。

説明 入力内容 出力結果
水平位置は未指定もしくは既定
浮動ブロックとしてレンダリング: いいえ
インラインでレンダリング: はい
... 本文 本文 本文
[[File:example.jpg|100px|キャプション]]
本文 本文 本文 ...
... 本文 本文 本文

キャプション 本文 本文 本文 ...

水平位置の指定: なし
浮動ブロックとしてレンダリング: いいえ
インラインでレンダリング: いいえ
... 本文 本文 本文
[[File:example.jpg|none|100px|キャプション]]
本文 本文 本文 ...
... 本文 本文 本文
キャプション

本文 本文 本文 ...

水平位置の指定: センター
浮動ブロックとしてレンダリング: いいえ
インラインでレンダリング: いいえ
... 本文 本文 本文
[[File:example.jpg|center|100px|キャプション]]
本文 本文 本文 ...
... 本文 本文 本文
キャプション

本文 本文 本文 ...

水平位置の指定:
浮動ブロックとしてレンダリング: はい
インラインでレンダリング: いいえ
... 本文 本文 本文
[[File:example.jpg|left|100px|キャプション]]
本文 本文 本文 ...
... 本文 本文 本文
キャプション

本文 本文 本文 ...

水平位置の指定:
浮動ブロックとしてレンダリング: はい
インラインでレンダリング: いいえ
... 本文 本文 本文
[[File:example.jpg|right|100px|キャプション]]
本文 本文 本文 ...
... 本文 本文 本文
キャプション

本文 本文 本文 ...

垂直位置

水平位置の指定オプションが有効になる条件とは、画像がインラインの要素として解析され、なおかつ浮動ブロックではない場合です。 インラインの画像は、同じブロック内にある前後のテキストと同時に解析し、このオプションによって垂直の位置合わせが決まります。

注意事項として、右記の配置制約に従い行間を広げると、画像を挿入した解析済みのテキスト行(ならびに現在の行に続いて解析するテキスト行)を下に移動し、インライン画像を完全に表示できることに注意してください(フォントサイズが可変の文字列、上付き文字や下付き文字の使用でも同様に行間を広げることが可能です)。

ソースコード表示の切り替え
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
'''top:''' [[File:Example.jpg|20px|top]] [[File:Example.jpg|40px|top]] [[File:Example.jpg|100px|top]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
'''text-top:''' [[File:Example.jpg|20px|text-top]] [[File:Example.jpg|40px|text-top]] [[File:Example.jpg|100px|text-top]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
<sup>super:</sup> [[File:Example.jpg|20px|super]] [[File:Example.jpg|40px|super]] [[File:Example.jpg|100px|super]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
'''baseline:''' [[File:Example.jpg|20px|baseline]] [[File:Example.jpg|40px|baseline]] [[File:Example.jpg|100px|baseline]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
<sub>'''sub:'''</sub> [[File:Example.jpg|20px|sub]] [[File:Example.jpg|40px|sub]] [[File:Example.jpg|100px|sub]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
'''default:''' [[File:Example.jpg|20px]][[File:Example.jpg|40px]] [[File:Example.jpg|100px]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
'''middle:''' [[File:Example.jpg|20px|middle]] [[File:Example.jpg|40px|middle]] [[File:Example.jpg|100px|middle]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
'''text-bottom:''' [[File:Example.jpg|20px|text-bottom]] [[File:Example.jpg|40px|text-bottom]] [[File:Example.jpg|100px|text-bottom]]
<del>text</del></u></span></p>
 
<p style="border:1px solid #AAA;padding:0;font-size:150%;line-height:2">
<span style="background:#FFF;color:#000;text-decoration:overline"><u><del>text</del>
'''bottom:'' [[File:Example.jpg|20px|bottom]] [[File:Example.jpg|40px|bottom]] [[File:Example.jpg|100px|bottom]]
<del>text</del></u></span></p>

位置指定の結果をより明確に示すには、文字高さの上下を罫線で示し、フォントのサイズは200%に拡大、段落ブロックを細い枠線で囲んであります。さらに異なるサイズの画像を配置しました。

text top: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text text-top: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text super: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text baseline: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text sub: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text default: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text middle: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text text-bottom: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

text bottom: Example.jpg Example.jpg Example.jpg text

注記:

  1. 通常、画像の位置指定で垂直方向の"middle"(既定の中央の配置)とは、テキストの高さxとベースラインの中心(ここに画像の高さの中心を合わせ文字の中心を横切る)であって、"text-top"と "text-bottom"の間の空間を示すフォント高さの行高さの中心ではありません。フォント高さは以下を除外します。
    • 行と行の間に補完する空白で、通常はフォント高さの上下に、行余白2箇所に均等に配分されます(このサンプルは200%拡大してあるため0.5em)。
    • 行と行の間に補完する空白で、上付き文字と下付き文字によって追加されます。
  2. しかしながら画像の高さが原因で、画像の上辺または下辺がテキストの正常な行の全高より上もしくは下に位置する場合は、画像が収まって正しい位置になるように上または下の行マージンを増やして中心の位置を調整し、すべての画像(高さが低いものを含め)を調節後の中心の位置に配置します(コンピュータ処理上は有効な行の高さ、解析した列ごとに高さが大きめのフォントを考慮に入れます)。
  3. "text-top"と"text-bottom"位置の配置はやはり上付き文字や下付き文字によって追加された分の行間を除外するものの、行高さの指定で増えた行間は含めます。
  4. "top"と"bottom"位置の配置では、あらゆる行間を増やす要素(解析した行スパン内の上付き文字と下付き文字を含む)を考慮に入れます。 画像の配置指定が原因で、画像が正常の行間より上または下にはみ出さないために画像の位置が正しく配置されない場合には、"top"と"bottom"の配置は(まるで上付き文字と下付き文字のように)画像の影響を受け、解析したテキスト行の有効な行高さは大きくなります。
  5. 文字装飾の"underline"と"overline"、"overstrike"の位置はこれら2つの制限範囲内に収まるべきで、使用するフォントの種類や高さの影響を受けることもあります(ブラウザによっては上付き文字と下付き文字のスタイルが考慮されるものの、通常はそれらのスタイルは無視され装飾は位置の調整を受けません)。このように装飾文字はテキストに対するのとは異なり、通常、画像の垂直方向の配置に影響を与えません。

回り込みの解除

ときにはテキスト(あるいはその他のインラインの浮動しない画像)が浮動画像を回り込みしないようにするほうがよい場合があります。 テキストを画像の右側へ流し込むと、節見出し(たとえば== 私の見出し ==)がウェブブラウザの画像解像度その他の条件により、本来はユーザーが画像の下にあると予測しているのに、画面右側に表示されることがあります。 回り込んだ画像の下にテキストを表示するには、そのテキストの前に<br clear=all>(好みにより<div style="clear: both"></div>でも可能)を置くと、回り込みを解除できます。 (空行を使わず同じ効果を得るには、回り込みをする画像を含む節を<div style="overflow: hidden">…</div>で挟み、div要素の内部の画像回り込みをすべて解除できます。)

ブロック内で解析した画像(回り込みをせず中央(center)か(left)に配置したり(right)に回り込んだ、つまりframedthumbnailモードの回り込みをする画像)はすべて、表面上はそうは見えないものの、周囲のテキスト行を区切っています(現在の画像の前のテキストブロックを終わらせて、その後ろに新しい段落を作成しテキストを流し込むからです)。 それら画像は次に、左右の位置合わせマージン(または中央に置いた画像のマージンの中心線)に沿って、上下に積み重なります。

既定のリンク ターゲットの変更

リンクターゲットの変更と削除の方法を以下のテーブルに示します(既定は画像の説明ページ)。 リンクだけ変えても、上記の節で説明したフォーマットは変更できません。

警告:

ご利用のウィキによっては、ライセンス要件として著者の帰属、著作権に関する記述、適用されるライセンス条項、あるいはまたレンダリングされた画像の詳細な(修正の履歴を含む)説明を表示する説明ページへの必要なリンクは、一切削除が許可されません。
もし特定の画像のターゲットリンクを変更または削除する場合、ページの別の場所にこの説明ページへの明示的なリンクを提供するか、または画像を埋め込んだページ自体に該当する要素と異なる場合は、著作権と著者の記述ならびに該当するライセンスへのリンクを表示する必要があります。
ご利用のウィキの方針によっては、代替のリンク属性の使用を制限したり、埋め込みメディアファイルに代替リンク属性を強く禁止することもあり(この場合にはリンク属性は無視)あるいはまた、権限を与えられたユーザーまたは管理者による検証後のみ、それらを受け入れます。


画像のギャラリー表示の処理

ギャラリーの構文

<gallery>タグを使用し、画像のギャラリー表示を簡単に指定できます。 構文は以下の通りです:

<gallery>
File:file_name.ext|caption|alt=alt language
File:file_name.ext|caption|alt=alt language
{...}
</gallery>

ギャラリータグ内では、画像のコードを大カッコ([[]])に入れない点に注意してください。

キャプションを付けて、ウィキリンクその他のフォーマットを指定することができます。 サムネールの表示を決める変数のうち、具体的にファイルを変更するものがが使えます。(ページ内に表示する画像の位置指定はしません。) 一例として、pdfなど複数ページで構成されるメディアの場合はpage=4(訳注:表示するぺーじの指定)が使えます。

File: 接頭辞は省略可能。

例:

<gallery>
File:Example.jpg|Item 1
File:Example.jpg|a link to [[Help:Contents]]
File:Example.jpg
File:Example.jpg|alt=An example image. It has flowers
File:Example.jpg|''italic caption''
Example.jpg|on page "{{PAGENAME}}"
File:Using Firefox.pdf|page=72
</gallery>

上記の表示は次のとおりです。

mode パラメーター

MediaWiki バージョン: 1.22

1.22以降、modeパラメーターの利用が始まり、次のオプションが設定できます。

  • traditionalはMediaWikiの既定のギャラリー表示です。(訳注:枠線あり)
  • nolinestraditionalに似ていて、枠線がありません。
  • packedは画像の高さのみ統一し、幅は元のサイズに比例します。画像の間にわずかなアキがあります。 このレスポンシブウェブデザイン(下図)では、列幅は画面の幅に合わせて自動的に調整します。
  • packed-overlayは画像の上に半透明の白いボックスを重ね、キャプションを表示します。
  • packed-hoverpacked-overlayに似ていて、マウスオーバーしたときのみ、半透明のボックスにキャプションを表示します。
  • slideshowによりスライドショーを表示します。

例:

<gallery mode="packed-hover">
Image:Astronotus_ocellatus.jpg|''[[commons:Astronotus ocellatus|Astronotus ocellatus]]'' (Oscar)
Image:Salmonlarvakils.jpg|''[[commons:Salmo salar|Salmo salar]]'' (Salmon Larva)
Image:Georgia Aquarium - Giant Grouper.jpg|''[[commons:Epinephelus lanceolatus|Epinephelus lanceolatus]]'' (Giant grouper)
Image:Pterois volitans Manado-e.jpg|''[[commons:Pterois volitans|Pterois volitans]]'' (Red Lionfish)
Image:Macropodus opercularis - front (aka).jpg|''[[commons:Macropodus opercularis|Macropodus opercularis]]'' (Paradise fish)
Image:Canthigaster valentini 1.jpg|''[[commons:Canthigaster valentini|Canthigaster valentini]]'' (Valentinni's sharpnose puffer)
Image:Flughahn.jpg|[[Image:POTY ribbon 2007.svg|25px]] ''[[commons:Dactylopterus volitans|Dactylopterus volitans]]'' (Flying gurnard)
Image:Fishmarket 01.jpg|''[[commons:Semicossyphus pulcher|Semicossyphus pulcher]]'' (California Sheephead)
Image:Pseudorasbora parva(edited version).jpg|''[[commons:Category:Pseudorasbora parva|Pseudorasbora parva]]'' (Topmouth gudgeon)
Image:MC Rotfeuerfisch.jpg|''[[commons:Category:Pterois antennata|Pterois antennata]]'' (Antennata Lionfish)
Image:Cleaning station konan.jpg|''[[commons:Novaculichthys taeniourus|Novaculichthys taeniourus]]''
Image:Synchiropus splendidus 2 Luc Viatour.jpg|''[[commons:Synchiropus splendidus|Synchiropus splendidus]]'' (Mandarin fish)
File:Psetta maxima Luc Viatour.jpg|''[[commons:Psetta maxima|Psetta maxima]]'' (Turbot)
File:Australian blenny.jpg|''[[commons:Category:Ecsenius|Ecsenius axelrodi]]''
</gallery>

上記の表示は次のとおりです(packed-hoverモード)

その他のモードの例:

mode="traditional"

mode="nolines"

mode="packed"

mode="packed-overlay"


MediaWiki バージョン: 1.28

mode="slideshow"


ギャラリーのその他の属性

ギャラリーのタグ自体、その他の属性をいくつか備えており、それぞれ属性名と値のペアとして表します。

<gallery {parameters}>
{images}
</gallery>
  • caption="{caption}":キャプション(2単語以上の文を欧文の二重引用符で挟んで指定)をギャラリーの上辺に中央あわせで配置します。キャプションの文は、フォーマット指定やテンプレートその他のマークアップをしません。
  • widths={width}px:画像の幅(最大値)を指定。既定値は120px。 複数形の widths であることにご注意ください.
  • heights={heights}px: :画像の高さ(最大値)を指定。既定値は120px。
  • perrow={integer}:1列の画像の点数を設定。 0 にすると、画面の幅に合わせて自動で調整。
  • showfilename={anything}:画像1点ごとのキャプションにファイル名を表示(1.17以降)。
  • mode={traditional|nolines|packed|packed-hover|packed-overlay|slideshow}:上記の節を参照(1.22以降。"slideshow"は1.28以降)。
幅と高さの変数は余白なしで画像の間隔を詰めた"packed"(およびその応用形)モードの絶対値ではなく、推奨値として解釈されます。 "packed"モードでは複数の列の横幅が等しくなるように、画像1点ごとの幅を自動で調整します。

例:

コード:

<gallery widths=60px heights=60px perrow=7 caption="sunflowers are groovy">
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
File:Example.jpg
</gallery>

結果:


ブラウザ画面の幅に合わせ画像が次の列に折り返す

幅が異なる複数の画像を並べるには、"thumb"、"left"あるいは"none"モードではうまくいきません。 "thumb"モードを使わない場合(つまりキャプションなし)は、画像はブラウザ画面の幅に合わせ、次の列に折り返して表示されます。 画像が次の列に折り返すかどうか確かめたければ、ブラウザ画面を縮小してみます。

[[File:Example.jpg|220px]]
[[File:Example.jpg|100px]]
[[File:Example.jpg|150px]]
[[File:Example.jpg|250px]]
[[File:Example.jpg|200px]]
[[File:Example.jpg|50px]]
[[File:Example.jpg|220px]]
[[File:Example.jpg|175px]]

Example.jpg Example.jpg Example.jpg Example.jpg Example.jpg Example.jpg Example.jpg Example.jpg

キャプション付きで幅が異なる画像の列を折り返すには統一性のない一覧にdiv HTMLを用いる必要があります。style="display: inline-block;"と併用します。詳細ならびに考え方は、右記の外部リンクで参照できます:Give Floats the Flick in CSS Layouts

<div><ul> 
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|220px|Caption 1]] </li>
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|100px|Caption 2]] </li>
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|150px|Caption 3]] </li>
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|250px|Caption 4]] </li>
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|200px|Caption 5]] </li>
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|50px|Caption 6]] </li>
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|220px|Caption 7]] </li>
<li style="display: inline-block;"> [[File:Example.jpg|thumb|none|175px|Caption 8]] </li>
</ul></div>
  • Caption 1
  • Caption 2
  • Caption 3
  • Caption 4
  • Caption 5
  • Caption 6
  • Caption 7
  • Caption 8

wikiファーム(wikiホスティングサービス)によっては、ギャラリー表示のオプションを一部しか備えていません(例:"widths")。 あるいはまた、ユーザーが同じ列に並べる画像それぞれの幅を変えようとすることもあります。 画像を並べるとブラウザの画面の幅に合わせて自動的に配置するため、ギャラリー表示つまりdiv HTMLを使わずに、画像にひとつずつ個別のキャプションを付けることはできません。 実際に試してみましょう。ウィキ文を使っても、ギャラリー表示以外ではうまくキャプションを付けられません。画像は右側にある要素の上に重なってしまうか、強制的に水平のスクロールバーを表示してしまいます。

画像左側の回り込み(「left」)を複数の画像に用いるとき、いくつかの画像に「none」を設定した場合も、画像の右側にサイドバーがある場合は特に、挙動が一貫しません。 奇妙な現象も起こることがあります。 ブラウザのウィンドウ幅もしくはモニター画面の幅が狭い場合、列幅からはみ出した画像はページのかなり下方の、右側のサイドバーの後に表示されます。

リンクの挙動

画像の既定のリンク先は、その画像野飼説ページになります。 「link=」オプションを使い、既定の挙動を変えさせてその他のページもしくは外部サイトにリンクさせたり、画像のリンク機能を無効にしたりできます。

あるいは別の方法として、文字列でリンクを記述し、ファイルの説明ページへ、あるいはファイルそれ自体へ飛ぶことができます。 Help:ファイルへのリンクHelp:Linking to files を参照してください。

画像を表示し、他のページもしくは外部サイトにリンクさせる

「link=」オプションを使い、画像を他のページもしくは外部サイトとリンクします。

下記の画像をクリックすると、MediaWikiへ飛びます:

[[File:Wiki.png|50px|link=MediaWiki]]

Wiki.png

下記の画像をクリックすると、外部リンクexample.com へ飛びます:

[[File:Wiki.png|50px|link=http://example.com]]

Wiki.png

リンクを隠して画像を表示する

「link=」オプションを使い、リンク非表示リンクの値は空に設定します。以下の画像はリンクではありません。

[[File:Wiki.png|50px|link=]]

Wiki.png

画像にリンクする

作成するリンクに接頭辞として:を追加します。

[[:File:Wiki.png]]

File:Wiki.png

[[:File:Wiki.png|Wiki]]

Wiki

画像の直リンクを取得する

画像の直リンクの取得(画像の解説ページを回避)に使えるマジックワードがいくつかあります。

{{filepath:Wiki.png}}

出力結果:

//upload.wikimedia.org/wikipedia/mediawiki/b/bc/Wiki.png

これを実行したテンプレートからFile:名前空間を削除する必要がある場合には、{{PAGENAME}}を使います。

{{filepath:{{PAGENAME:File:Wiki.png}}}}

出力結果:

//upload.wikimedia.org/wikipedia/mediawiki/b/bc/Wiki.png

必要条件

ユーザーは自分のページで画像を使用する前に、ウィキのシステム管理者から画像アップロード権限を受け画像のアップロード を行います。 システム管理者はまた、ウィキメディア・コモンズなど外部サイトのリポジトリからウィキにファイルを受け入れる設定ができます。 サーバ側で画像のリサイズをするには、(GD2ImageMagickなど)スケーラを構成する必要があります。

外部サイトのファイル

オンラインで参照できる外部サイトのファイルにリンクするには、外部サイトへのリンクに使用する構文を流用できます。 その構文を介すると、当該の画像をレンダリングする代わりに、リンク先を示す文字列のみ表示します。

[http://url.for/some/image.png]

あるいは表示用に別の文言を代入します。

[http://url.for/some/image.png ここにリンクする文言を記入]

表示用の文言として、その他のMediaWikiマークアップあるいはHTML/CSS形式(インラインの要素)の使用も認められます(前後のリンクを壊す場合は埋め込みリンクを除外)。

[http://www.example.com/some/image.png サンプル'''<del>リッチな</del>''' ''<ins>リンクする文言</ins>''をここに記入。]

which renders as: サンプルリッチな リンクする文言をここに記入。

ご利用のウィキで利用可能にすると(Manual:$wgAllowExternalImages/jaManual:$wgAllowExternalImagesを参照)、外部の画像の埋め込みも可能です。手順は画像のURLを記入するだけです。

http://url.for/some/image.png

現状では埋め込み画像のサイズ変更は不可能ですが、MediaWikiマークアップあるいはHTML/CSSコードで挟んで書式を決めることはできます。

もしこのウィキのオプションが無効な場合、画像は埋め込まれない代わりに外部サイトへの文字列のリンクとして、上記のように記述されます。

関連項目