Help:ファイルのキャプション

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:File captions and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎dansk • ‎français • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎українська • ‎中文 • ‎日本語

多言語ファイルキャプションはMediaInfo の一部でファイルの構造化データを扱う拡張機能です。 キャプションとはファイルの簡略な説明文のことです。 キャプションには半角 255 文字以内という制限があり、またマークアップ (ウィキテキストや HTML などの文字修飾) は無効、外部リンクも対応しません。 複数の言語でキャプションをつけることが可能です。

ファイルのページとキャプション

右上角の鉛筆アイコンを押して、キャプションを編集します。 すると編集ビューが開きます。

キャプションがまだ未登録の表示 (構造化データ欄)
初めてキャプションを入力する (ファイルページ)

1番目のキャプションが登録されると、翻訳できます。 言語を選択して訳文を入力。

別の言語を選んでキャプションを記入 (ファイルページ)
翻訳をファイルのキャプションに追加 (ファイルページ)

MediaWiki が対応する言語であれば、言語はいくらでも追加できます。

複数言語のキャプションを編集 (ファイルページ)
複数の言語でファイルにキャプションを付ける/追加 (ファイルページ)
別の言語を選んでキャプションを記入 (ファイルページ)

ページの履歴

編集履歴ページにはキャプションの追加のログが残り、編集の要約は自動生成されます。

キャプションの追加ログ (編集履歴)

アップロード ウィザードを利用

アップロード ウィザードを利用したファイルの追加時にキャプションも付けます。 手順の4段階目「説明」 のところでオプションを選びます。キャプションと説明文の違いを解説してあります。

アップロードの段階でウィザードを利用してキャプションを付ける。(アップロード ウィザード)

この段階でも、キャプションの翻訳を入力できます (複数言語に対応)。

複数の言語でキャプションを付ける (アップロード ウィザード)。

キャプションの除去

キャプションの除去には権限は不要で、誰にでもできます。 キャプションの右にあるゴミ箱アイコン、あるいは編集履歴ページの「取消」で実行します。

ゴミ箱アイコンを押してキャプションを除去 (処理前、ファイルページ)
ゴミ箱アイコンを押してフランス語の翻訳を削除した (処理後、ファイルページ)

ページの履歴

編集履歴ページにはキャプションの除去のログが残り、編集の要約は自動生成されます。

追加の巻き戻しログ (編集履歴)

巻き戻し/取り消し

編集履歴ページで「取消」機能を使うと、キャプションを除去します。

キャプションの巻き戻し (差分表示)