Help:ChangeContentModel

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Help:ChangeContentModel and the translation is 72% complete.

Other languages:
English • ‎español • ‎日本語 • ‎português • ‎português do Brasil • ‎中文
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD
モノブック外装を使用しているときの特別:ChangeContentModel。

特別:ページのコンテンツ・モデルの変更は、あるページのコンテンツ・モデルを変更するために使用されます。コンテンツ・モデルは、とても大雑把に言えば、ウィキ上の所与のページのフォーマットや型です。規定値ではページのコンテンツ・モデルはwikitextです。これはウィキのマークアップで使用されるリッチ・テキスト・フォーマットです。 Wikimedia プロジェクトで使用されるコンテンツモデルにはコードを格納するcssjavascript、Wikidataのエントリ用のwikibase-item、Wikimedia CommonsでWiki Loves MonumentsのようなキャンペーンをアップロードするためのCampaignなどがあります。 コンテンツモデルの一覧はcontent handlersで入手できます。より技術的な情報は Manual:ContentHandlerで入手できます。

すべてのアクションはSpecial:Log/contentmodelに記録され、必要に応じて変更を元に戻す便利な「復帰」リンクが付いています。コンテンツモデルを変更するには、利用者がeditcontentmodel権限を持っている必要があります。 ウィキメディアプロジェクトでは、この権限は現在管理者に与えられています。

背景

従来は、ユーザーがMediaWikiで作成できるページの型はwikitextのページ(wikitextマークアップで記述されたリッチテキストの文章)だけでした。これはウィキペディアで百科事典項目を記述するためには満足のいくものでしたが、ソースコードのブロックや構造化データ・コンテンツや複雑なワークフローなど他の型のコンテンツには不十分でした。

2012年のWikidataプロジェクト(とWikiベースの拡張機能)の到来と共に、wikitextドキュメント以外のページ作成が可能なContentHandlerブランチが開発されました。MediaWiki 1.21以降、ContentHandlerはMediaWikiソフトウェアの中核の一部になっています。

Some generic content models include those meant for storing and presenting source code, but they can also be used to create customized editing interfaces. For example, instead of using a horrible mess of templates to structure content on a page, you could store the underlying data in a structured format such as JSON and then write a MediaWiki extension that builds a custom editing interface on top of this structured data. This approach is used by MassMessage to create delivery list pages and by CollaborationKit for creating WikiProjects. Although these extensions have their own workflows for creating pages, Special:ChangeContentModel can also be used.

ページ単位でコンテンツモデルを設定する代わりに、特定の名前空間の既定の設定を指定することができます。 たとえば、モジュール名前空間の既定のコンテンツモデルはScribuntoContentです。同様に、指定された名前空間で特定のコンテンツモデルのみが使用されるように強制することもできます。 ScribuntoContentはモジュール名前空間でのみ使用できます。

ページの現在のコンテンツ・モデルの表示

ページの現在のコンテンツモデルを表示するには、サイドバーのツールボックスの「ページ情報」をクリックします。URLに?action=infoを追加して、同じページを得ることもできます。

ページのコンテンツ・モデルの変更

Special:ChangeContentModelに移動して、変更するページ名を入力します。既定とは異なるコンテンツ・モデルを使用する新しいページを作成する場合は、存在しないページにすることができます。次に、変更するコンテンツ・モデルを選択します。「変更」をクリックして変更を加えます。

Note that not all conversions are possible. If you are trying to convert a page that already exists and the MediaWiki software cannot figure out how to re-interpret the current page's content, the content model will not be converted and you will get an error message. When this happens, it is recommended that you archive the old page and create the page anew in the new content model. For instance, you could rename "Project:Foo" to "Project:Foo/old" and then use Special:ChangeContentModel to create a new page at "Project:Foo". If possible, you should include a link to "Project:Foo/old" on the new page.

変更の取り消し

All content model changes are logged at Special:Log/contentmodel on your wiki. To undo a change, go to the relevant entry in the log and click "差し戻し". You will see a pre-filled form; click "変更" to carry out the revert. If you are viewing the page history and the most recent change was the one that changed the content model, you can use the undo feature to change the content model back. Rollback will also undo any content model changes.

Note that this may not always work, particularly if the page was edited after the content model was changed in such a way to make it incompatible with the old content model. When this happens, you will have to undo the edits that made it incompatible. Alternatively, you could carry out the content model change anew and archive the old content. Ideally, content model changes are few and far between. In most situations, a page will not have to change content model more than once.