Extension:Memcached/ja

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced-invert.svg
Memcached
リリースの状態: 安定
実装 特別ページ
説明 Memcachedが正常に機能しているかどうかを
確認するためのインターフェイスを提供します。
作者 MarkAHershberger
最新バージョン 2.0.0 (2020-06-03)
MediaWiki 1.34
データベースの変更 はい
Composer mediawiki/memcached
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書(3.0以降)
ダウンロード mediawiki-memcached.git
memcached

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

Memcached拡張機能は、Memcachedが正常に機能しているかどうかを確認するためのインターフェースを提供します。

説明[edit]

ウィキサーバーにMemcachedをインストールしたとき、正常に動作するか、再起動する必要があるかを定期的に確認するのに問題がありました。時々それがクラッシュし、wikiがあまりにも長く開くので面倒です。これは、Memcachedが何日もノンストップで動作するときに発生すると思います。そこで、再びクラッシュした場合に備えて、Memcachedサービスを1日1回再起動するcronタスクを追加しました。しかし、cronタスクが実行される前にクラッシュした場合はどうなりますか?すべてのユーザーは、再起動されるまで待つ必要があります。

そのため、毎日SSH経由でログインして、Memcachedサービスのステータスを確認する必要があります。毎回ログインとパスワードを入力するのは退屈です。もっと簡単な方法があるはずです。最初に、MemcachedステータスをチェックするためのPHPスクリプトを見つけました。それは良かったのですが、そのファイル名を知っているすべての人に実行を許可されました。セキュリティ上の理由から、MemcachedサーバーのIPとポートをだれにも見つけてほしくない。したがって、私は結論に達しました。MediaWiki拡張機能として実装し、管理者以外のすべての人のアクセスを拒否するのは素晴らしいことです。

Memcached拡張機能がまったく見つからなかったため(たとえば、APC拡張機能が長い間存在していたため、残念です)、独自の拡張機能を作成することにしました。私は自分のためにたくさんのMediaWiki拡張機能を変更してきましたが、作成したことはありません。これは私の最初の個別の拡張機能なので、提案を歓迎します。

使い方[edit]

まず、Memcached拡張機能をインストールし、そのサーバーを$wgMemCachedServers で定義する必要があります。 PHP用のPECLmemcacheをインストールすることを忘れないでください(現在サポートされていないPECL memcachedと混同しないでください)。

すでに実行している場合は、「Special:Memcached」に移動すると、memcachedサーバーとそのステータス(動作中、動作していない、またはmemcacheサービスが見つかりません)のリストが表示されます。

インストール[edit]

  • ダウンロードして、ファイルを extensions/ フォルダー内の Memcached という名前のディレクトリ内に配置します。
  • Git でのインストールの場合のみ、PHP の依存関係をインストールするため Composer を実行します。 (See task T173141 for potential complications.)
  • 以下のコードを LocalSettings.php の末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'Memcached' );
    
  • Yes Done – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。
権限
  • memcached - Special:Memcachedページを表示する権利。デフォルトでは、管理者にのみ許可されています。必要に応じて変更できます。

関連項目[edit]