Jump to content

Extension:DynamicPageList

From mediawiki.org
This page is a translated version of the page Extension:DynamicPageList and the translation is 62% complete.
この拡張機能はWikimediaで使われています。この拡張機能のWMF以外のフォークについては、Extension:DynamicPageList (曖昧さ回避) を参照してください。
MediaWiki 拡張機能マニュアル
DynamicPageList
リリースの状態: 安定
実装 タグ , パーサー関数
説明 あるカテゴリに属するアイテムあるいは複数カテゴリに共通して属するカテゴリの中で、最も新しいものからいくつか箇条書きで出力します。
作者 IlyaHaykinson and Amgine
最新バージョン Continuous updates
互換性の方針 MediaWiki とともにリリースされるスナップショット。 master には後方互換性がありません。
MediaWiki 1.23+
PHP 5.4+
データベースの変更 いいえ
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード

‎<DynamicPageList>
四半期ごとのダウンロード数 15 (Ranked 123rd)
DynamicPageList 拡張機能の翻訳にご協力ください
問題点 未解決のタスク · バグを報告

DynamicPageList拡張機能を使用すると特定のカテゴリに属するページの一覧を作成することができます。

起源

もともとはWikinews用に開発されたものです。現在、ほとんどの言語のWikinewsプロジェクト(n:Wikinews:DynamicPageList)、Meta、MediaWiki.org、その他いくつかの小さなプロジェクトでインストールされています。 これは性能上の問題から、これ以上ウィキメディア・ウィキにインストールされることはないでしょう

以前はDynamicPageList/oldと呼ばれ、その後Intersectionと呼ばれていました。より高機能な DynamicPageList3 にも興味をお持ちかもしれません。

インストールと設定

インストール

  • ダウンロードして、ファイルをextensions/フォルダー内のintersectionという名前のディレクトリ内に配置します。
    開発者とコード寄稿者は、上記の代わりに以下を使用してGitからインストールします:cd extensions/
    git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/mediawiki/extensions/intersection
  • 以下のコードを LocalSettings.php ファイルの末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'intersection' );
    
  • Yes 完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

設定

この拡張機能は複数の設定変数にも対応しています。通常は初期値から変更する必要はありませんが、「LocalSettings.php」のrequire_once行よりも後に追記することで設定を変更できます。以下に設定できる変数とその初期値を示します。

# Configuration variables. Warning: These use DLP instead of DPL
# for historical reasons (pretend Dynamic list of pages)
$wgDLPmaxCategories = 6;                // Maximum number of categories to look for
$wgDLPMaxResultCount = 200;             // Maximum number of results to allow
$wgDLPAllowUnlimitedResults = false;    // Allow unlimited results
$wgDLPAllowUnlimitedCategories = false; // Allow unlimited categories
// How long to cache pages using DPL's in seconds. Default to 1 day. Set to
// false to use the normal amount of page caching (most efficient), Set to 0 to disable
// cache altogether (inefficient, but results will never be outdated)
$wgDLPMaxCacheTime = 60*60*24;          // How long to cache pages in seconds

使用法

DynamicPageListの設定は、ウィキの編集画面でXMLに似た文法を使って記述できます。設定変数によって表示するページリストの数、順序、表示モードを変更できます。各設定変数については以下の節を参照してください。例えば、このウィキで最近MediaWiki.orgに移されたページを古いものから5つ表示するには次のように記述します。

<DynamicPageList>
category             = Pages recently transferred from Meta
count                = 5
order                = ascending
addfirstcategorydate = true
</DynamicPageList>

もっと複雑なDynamicPageListの例です。

<DynamicPageList>
category=foo
count=20
namespace=file
addfirstcategorydate=ymd
imagewidth=70
galleryshowfilesize=yes
galleryshowfilename=yes
imagesperrow=7
gallerycaption=Galleries!
ordermethod=sortkey
order=ascending
mode=gallery
offset=12
</DynamicPageList>

上記の例は、fooカテゴリに属するファイル名前空間にある12番目から31番目のページを、画像ギャラリー形式で、fooカテゴリに追加された日付を年月日の書式で見出しにつけ、画像の幅は70pxにして表示するという例になります。

ページ選択

category

category にて条件に入れるカテゴリを指定します。DynamicPagelist構文に入れたすべてのカテゴリが指定されます。指定できるカテゴリの数の範囲はこの拡張機能のソースコードに規定されています。カテゴリ名に {{CURRENTMONTHNAME}} のようなマジックワードを指定できます。

category=category nameとして記述します。

<DynamicPageList>
category = Demo
category = Demo 1
</DynamicPageList>

notcategory

notcategory は、ページリストを特定のカテゴリに含まないページに制限します。カテゴリ名に {{CURRENTMONTHNAME}} のようなマジックワードを指定できます。

<DynamicPageList>
category    = Demo
notcategory = Demo 1
</DynamicPageList>

namespace

namespace で列挙する記事が属する名前空間を指定できます。名前空間の名称または番号(Help:Namespaces/ja#名前空間の識別参照)をつけて指定できます。無効な名称を指定した場合は標準名前空間が指定されたものとして扱われます。

<DynamicPageList>
category  = Demo
namespace = Help
</DynamicPageList>

redirects

redirects転送ページを含めるかどうかを指定します。 この値は、exclude (既定、リダイレクトを列挙しない)、include (リダイレクトを列挙する)、only (リダイレクト以外のページを列挙しない) のいずれかです。

<DynamicPageList>
category  = Demo
redirects = only
</DynamicPageList>

stablepages

stablepages determines whether or not to include stable (flagged) pages when using Extension:FlaggedRevisions . The value can be exclude (don't list), include (list stable and non-stable. default), or only (only list stable pages). Requires FlaggedRevs to be installed to work.

count

countは表示する結果の数を制限します。既定では、最近カテゴリに追加された順にページが表示されます(orderを参照)。ただし、拡張機能のソースコードで定義されている最大値を超える結果はリストされませんので注意してください。

<DynamicPageList>
category = Demo
count    = 2
</DynamicPageList>

offset

offset は、リストの開始位置を途中からに指定します。 例えば、countと併用することで、複数列のレイアウトの作成が可能になります。

<DynamicPageList>
category = Demo
offset    = 2
</DynamicPageList>

コラムデモ

<table>
<tr><th colspan="3"> recent articles in [[:category:Demo|:category:Demo]]</th></tr>
<tr><td>

<DynamicPageList>
category = Demo
count=5
</DynamicPageList>
</td>
<td>
<DynamicPageList>
category = Demo
offset    = 5
count= 5
</DynamicPageList>
</td>
<td>

<DynamicPageList>
category = Demo
offset    = 10
count=5
</DynamicPageList>
</td></tr></table>

表示内容

shownamespace

shownamespaceは、ページ名を名前空間付きで表示します。 値はtrue(既定、名前空間名を表示: Help:Contents )またはfalse(名前空間名を非表示: Contents )のいずれかです。

<DynamicPageList>
category      = Demo
shownamespace = false
</DynamicPageList>

addfirstcategorydate

addfirstcategorydateは、各記事がカテゴリに追加された日付を表示します。値はtrue(日付を表示)、false(既定、日付を非表示)、または日付の形式(ymd、md、dm、dmy、mdy、ISO 8601)を指定できます。複数のカテゴリが指定されている場合は、最初に指定したカテゴリが使用されます。リンクされたページ名の先頭には、ローカルのMediaWikiの日付表示設定に従って整形された日付が付加されます。

<DynamicPageList>
category             = Demo
addfirstcategorydate = true
</DynamicPageList>

mode

modeはリストの形式を決めます。値は以下の通りです:

  • unordered — 箇条書きリスト
  • ordered — 番号付きリスト
  • none — プレーンリンク
  • gallery — イメージギャラリー、‎<gallery>のような
  • inline — カンマ区切りリスト
unordered:
<DynamicPageList>
category = Demo
mode     = unordered
</DynamicPageList>

ordered:

<DynamicPageList>
category = Demo
mode     = ordered
</DynamicPageList>

plain links:

<DynamicPageList>
category = Demo
mode     = none
</DynamicPageList>

inline:

<DynamicPageList>
category = Demo
mode     = inline
</DynamicPageList>
mode=gallery

galleryは、画像ギャラリーとして出力される特別なモードです。 Extension:PageImages がインストールされていれば、ファイルページ以外ではページ画像が存在している場合にその画像が使用されます。 それ以外では、ファイル名前空間以外のページでは空白表示となります。

<DynamicPageList>
category = Demo
mode     = gallery
namespace= file
</DynamicPageList>

ギャラリーモードでは、imagewidth (ギャラリー内の画像の幅、imageheightも設定した方が良い場合がある)、imageheight (画像の高さ)、galleryshowfilesize (カテゴリページのように画像サイズを表示)、galleryshowfilename (カテゴリページのようにファイル名を表示)、imagesperrow (ギャラリー内の1行に表示する画像の数)、gallerycaption (ギャラリーのキャプション)のオプションもサポートされています。

addfirstcategorydate が使用されている場合、画像のキャプションに日付が付加される。

注意: 現時点ではgallerycaptionはリンクを適用できません(が、{{CURRENTMONTHNAME}}のようなものは適用可能です)。

複雑なギャラリーの例としては、こんな感じでしょうか。

<DynamicPageList>
count=20
namespace=file
addfirstcategorydate=ymd
imagewidth=70
galleryshowfilesize=yes
galleryshowfilename=yes
imagesperrow=7
gallerycaption=Look at my pretty gallery.
mode=gallery
shownamespace=false
</DynamicPageList>

suppresserrors

suppresserrorsはエラーを非表示にします。値はtrue(エラーを非表示)またはfalse(既定、エラーを表示)のいずれかです。

true:
<DynamicPageList>
category       = Dem
suppresserrors = true
</DynamicPageList>

false:
<DynamicPageList>
category       = Dem
suppresserrors = false
</DynamicPageList>

nofollow

nofollow sets rel="nofollow" on the links. This prevents spiders from getting to the page through the link from the DynamicPageList. In general this is useless, as spiders will either be able to index the page from other links, or not at all due to robots.txt/$wgDefaultRobotPolicy . In general you should not use this option unless you know what you are doing, and have a good reason. The primary usecase is that on the English Wikinews, Google News considers anything linked from the main page to be an article.

<DynamicPageList>
category       = Demo
nofollow       = true
</DynamicPageList>

googlehack

This is a hack for wikinews. Previously, Google News only considered articles with numbers in them to be news articles [1], so this appends ?dpl_id=<id of article> to the end of the urls on the list. You shouldn't use this option unless you have a good reason to (however it won't hurt anything). This replaces the showcurid option that is no longer supported.

<DynamicPageList>
category       = Demo
googlehack       = true
</DynamicPageList>

Order

ordermethod

ordermethod determines the order and date to display. The value can be:

  • categoryadddefault, sort by date pages were categorised for first category
  • lasteditsort by date pages were last edited
  • lengthby article length
  • createdby article creation date
  • categorysortkeyessentially alphabetical order by the sort key of the first category
  • sortkeyalias of categorysortkey

It should be noted, that lastedit really sorts by the last time the page was touched. In some cases this is not equivalent to the last edit (for example, this includes permission changes, creation or deletion of linked pages, and alteration of contained templates). If you do not specify a category, some of these order methods will not work—specifically, categoryadd and categorysortkey fallback to created if there is no category clause.

<DynamicPageList>
category             = Demo
addfirstcategorydate = true
ordermethod          = lastedit
</DynamicPageList>

alphabetical example:

<DynamicPageList>
category             = Demo
ordermethod          = sortkey
</DynamicPageList>

order

order にて並べ替えの昇順/降順を指定できます。 値は、descending (既定、新しい順)、ascending (古い順) のいずれかです。

<DynamicPageList>
category  = Demo
order     = ascending
</DynamicPageList>

テンプレート

To use inside a template and pass parameters, use parser functions etc., use the {{#tag: function:

{{#tag:DynamicPageList|
category = {{{1}}}
count    = {{#if: {{{2|}}} | 10 | 20 }}
ordermethod = sortkey
order = ascending
}}

テンプレートページ自体、‎<includeonly>タグで挟まないとカテゴリ値が空白のままのため、エラーメッセージを表示します。例を示します。

エラー: カテゴリを少なくとも1つ含めるか、名前空間を指定する必要があります!


Derived extensions