Extension:AbuseFilter/Actions

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Extension:AbuseFilter/Actions and the translation is 62% complete.
Other languages:
English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎български • ‎русский • ‎српски / srpski • ‎中文 • ‎日本語

概要

AbuseFilter can take several actions, even more than one at a time. "Logging" and "tagging" are the softer ones, and won't prevent the edit from being saved. "Throttling" and "warning" are special actions, which don't do much on their own: the former only silently increases an internal counter, while the latter warns the user about what they are going to do, letting them amend the edit according to the warning text (or avoid saving the edit at all). "Disallow" is instead a stronger action, and completely prevents the edit from being saved. The other actions, i.e. "blockautopromote", "block", "degroup" and "rangeblock", are even stronger and each of them prevents the edit from completing and applies a specific action on the user themselves.

Some of these actions (specifically, block, degroup and blockautopromote) may be reverted by users with the abusefilter-revert right. It allows users to access the /revert subpage, where they can specify a time period and get a list of revertable actions performed by a specified filter. By confirming the revert, all of these actions will be undone. The form for reverting actions taken by a filter can be accessed with a link found in every filter page, right below the one for accessing the history.

List of actions

AbuseFilter (不正利用フィルター) 拡張機能では、以下の機能を利用できます:

記録

不正利用ログに検出を記録します。この機能は停止できません。

警告

特定の操作をしようとした利用者に対し、その操作が悪いものであるかもしれないことを実行前に警告し、操作を再考させます。 また、表示する警告文をフィルターごとに指定することもできます。

Throttling

絞り込み機能はウィキの MediaWiki インスタンスがオブジェクトのキャッシュを使用している場合にのみ動作します。タスク T52894 を参照してください。

このフィルターは速度制限が作動している場合にのみ作動します。 また、許可するアクションの数 (正の整数)、これらのアクションを起こす期間 (正の整数)、グループ付けする基準 (下記の一覧から少なくとも1個、小文字) を指定することができます。

The groupings are which sets of people should have aggregate (shared) throttles. That is, if you type user, then the same user must match the filter a certain number of times in a certain period of time. You may also combine groups with commas to specify that throttle matches sharing all criteria will be aggregated. For example, using ip,page, X filter matches in Y seconds from the same IP address to the same page will be required to trip the remainder of the actions.

Here is the full list of available groups:

  • ip – IP アドレス。
  • user – 利用者アカウント。
  • range – /16 レンジ。
  • creationdate – 利用者アカウントの作成日。サーバーの日時。
  • editcount – Edit count — hack so that you can detect distinct users.
  • site – サイト全体。
  • page – ページ。

不許可

エラーメッセージを表示し、問題となっている操作の実行を阻止します。

自動昇格したグループの失効

特定の操作をしようとした利用者から、3~7日の範囲の期間$wgAutopromote の権限を剥奪します。 この権限はデバッグツールのページで再付与できます。

警告 警告: この操作は管理者にも影響を与えます。さらに作成者自身にも影響します。 管理者が権限を失効された場合は、その管理者は不正利用フィルターのページにアクセスできなくなり、フィルターの無効化や権限の再付与がしばらくできなくなってしまいます。 対策として、あらかじめ利用者グループを確認するのが良いでしょう。

ブロック

特定の操作をしようとした利用者を指定した期間にわたってブロックします。ブロックの要約にはそれを引き起こしたフィルターの名前が表示されます。

権限グループからの除去

特定の操作をしようとした利用者から特権グループ(管理者やビューロクラットなど)を剥奪します。 A descriptive summary will be used, detailing the rule that was triggered.

範囲ブロック

Somewhat of a "nuclear option", the entire /16 range from which the rule was triggered will be blocked for 1 week.

タグ付け

操作に対して特定の「タグ」を付けます。タグは、最近の更新、投稿記録、操作記録、新しいページ、ページの履歴などあらゆる場所で表示されます。 These tags are styleable, so you can have items with a certain tag appear in a different colour or similar.