API:Undelete/ja

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
言語: English  • Deutsch • 日本語 • 한국어

トークン[edit]

版を復元するには list=deletedrevs で復元トークン (undelete トークン) を取得する必要があります。このトークンは編集トークンと同様にすべてのページに対して共通ですが、ログインするたびに変化します。 The preferred method to obtain an undelete token depends on the MediaWiki version:

undeleteトークンを取得する

削除されたリビジョンをリストアする[edit]

削除されたリビジョンはaction=undeleteでリストアできます

パラメーター[edit]

  • title: 復元したいページ。
  • token: 以前のリクエストで取得されたリクエスト。'+'を'%2B'にurlencodeすることに注意して下さい。
  • reason: 復元する理由 (オプション)。
  • tags: Tags to apply to the entry in the deletion log. 1.25+
  • timestamps: リストアするリビジョンのタイムスタンプのパイプで区切られた一覧(オプション)。If both timestamps and fileids are empty, all will be restored. Maximum number of values is 50 (500 for bots).
  • fileids: A pipe-separated list of IDs of the file revisions to restore. If both timestamps and fileids are empty, all will be restored. Maximum number of values is 50 (500 for bots). 1.24+
  • watchlist: Specify how the watchlist is affected by this edit, set to one of "watch", "unwatch", "preferences", "nochange": (既定値: preferences) 1.16+

[edit]

Note: In this example, all parameters are passed in a GET request just for the sake of simplicity. However, action=undelete requires POST requests; GET requests will cause an error.

Main Pageのリビジョンの最後の5件をリストアする

起こりうるエラー[edit]

通常のものに加えて以下のものがあります:

Code Info
notitle titleパラメータを設定しなければなりません
notoken tokenパラメータを設定しなければなりません
permissiondenied 削除されたリビジョンをリストアするパーミッションがありません
Note: 大抵のwikiでは、削除されたリビジョンの復元はsysopに制限されていますが、別のwikiの中にはさらに厳しいルールを課しているものがあります。
cantundelete 復元できませんでした: リクエストされたリビジョンは存在しないか、既に復元されている可能性があります